土居珈琲

コーヒー

カフェスタッフ教える!おいしい缶コーヒー【ブラック編】

更新日:

皆様、缶コーヒーって普段飲みますか。

わたくし、まあ飲みます。

家ではドリップコーヒー、会社に行く前にはコンビニで缶コーヒー買って、会社では会社に置いてあるネスカフェバリスタを飲む。

とTPOに合わせて様々な形態でコーヒーを楽しんでおります。

TPOに合わせてなのか、そこにそれがあるからなのか・・・

どーーーーもーーーー!

カフェ兄さんトモヤです。

 

そんな様々なスタイルの飲み方があるコーヒーですが

今回はブラックの缶コーヒーをご紹介します。

コーヒーは嗜好品なので好みも分かれるかと思いますのでランキングはあえてつけません。

私の好みと感覚はお伝えしますが、あくまで自分の好みを探す参考にしていただけたらと思います。

では、もったいぶっているわけではございませんが

簡単に缶コーヒーの歴史からお話ししましょう。

おすすめのドリップバッグコーヒーはこちらから
↓    ↓
カフェスタッフが選ぶおすすめコーヒー:ドリップバッグ編

缶コーヒーの歴史

缶コーヒー、実は日本人が作った説。

コーヒーといえば、日本の文化とは程遠いくらい外国から伝わったイメージが強いと思いますが、なんと缶コーヒーを作ったのは日本人という説があります。

1958年に外山食品という会社が開発した「ダイヤモンド缶入りコーヒー」というお話と1965年島根県浜田市でコーヒー屋をしていた人が開発し販売し始めた「ミラコーヒー」が世界初の缶コーヒーというお話。

どちらが本当かわかりませんが、1940年代にアメリカにて缶コーヒー製造法特許を確認できる。との話もある。

缶コーヒーの表示

缶コーヒーの「品名、名称」の表示には「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」という一般消費者の合理的選択と事業者間の公正な競争を確保するためにつくられた規約のもと、5つの表記があります。

それぞれが、飲料の内容量100g中のコーヒーの生豆分量によって表示が分けられています。

【表示1】「コーヒー」:内容量100 グラム中にコーヒー生豆換算で5グラム以上のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むもの。

【表示2】「コーヒー飲料」:内容量100 グラム中にコーヒー生豆換算で2.5 グラム以上5グラム未満のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むもの。

【表示3】「コーヒー入り清涼飲料」:内容量100 グラム中にコーヒー生豆換算で1グラム以上2.5 グラム未満のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むもの。

【表示4】「コーヒー入り清涼飲料(カフェインレス)」:カフェインを90%以上除去したコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分のみを使用したもの。

【表示5】「コーヒー入り炭酸飲料」:コーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分に二酸化炭素を圧入したもの。

コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約・施行規則 対照表より

意味は分かりますが、この表記を気にして消費者が買っているかは不明ではありますが・・・

参考に今度パッケージを見てみてください。新しい発見があるかもですよ。

おすすめ缶コーヒーを味見

すいません。めんどくさい話ばかり並べてしまって・・・

普段、買って飲むときはひと缶ですが今回は

一気に買って、いろいろ飲んだら味の違いをより感じるかなと思いまして一気に味見してみました。

今回、味見するのはこの缶コーヒーたちです。

①伊藤園 タリーズコーヒー バリスタズブラック

②ジョージア 香るブラック

③UCC ブラック無糖 フルボディ

④サントリープ レミアムボス ブラック

アサヒ飲料 ワンダ 極 完熟深煎りブラック

サントリー BOSS コーヒーファーム ブラック

⑦【東海・北陸・関西限定】サントリー コーヒー セブンズボス ブラック

⑧ジョージア ディープブラック

⑨UCC ブラック無糖

⑩サントリー ボス 無糖ブラック

多いな・・・
とりあえず、いろんなコンビニで買えるだけ買ってみました。

ちなみに今回は全部ICEで味わってみました。

(ラインナップは2019年5月現在のものです)

伊藤園 タリーズコーヒー バリスタズ ブラック

今回個人的に一番のおすすめがこちら。

香り、コク、酸味、苦み、すべてがナイスバランス!

私にはジャストフィット!

缶コーヒーでこれだけのものが作れたら素晴らしい!

するりと飲めるのにコクがあり、香り高く、強すぎない酸味と苦み。

この美味しさはコーヒー豆のバランスなのでしょうか。

キリマンジャロ10%、ブラジル80%、モカ10%きっと素敵なブレンド加減なのでしょう。

どうしても買うときに比率が高くなっているタリーズのバリスタブラック!

もし飲んだことないならこれはぜひ一度飲んでみることおすすめします!

ジョージア 香るブラック

初めて飲んだ時、美味しい!って思った商品です。

比べて飲むと、とても特徴的な味を感じました。

酸味強めでちょっとフルーティーな味わい・・・

という表現が合っているかどうかわかりませんが。

製法のせいなのか香料のせいなのか香りも高く、酸味も感じられバランスよいですね。

そして、この香りというのがとても重要で、香りは味をぐんと引き立ててくれます。

嗅覚は味覚よりもはるかに多くの種類を感じる事ができるので、その味に大きく影響してくれます。

名前に「香るブラック」と出しているだけのことはありますね。

UCC ブラック無糖 フルボディ

1987年に業界で初めてブラック無糖タイプの缶コーヒーを出したUCC、ついにヘビーな缶コーヒーだしました。

その名の通り、「ズン!」とくる大人の味です。

原材料も香料も使わないコーヒーのみで、深煎りしたコーヒーの特徴を味わえる一品です。

個人的には好きな味ですが、苦味、渋味、酸味となかなかズシッとくるので好みは分かれるところかと思います。

たくさん飲むのにはちょっとヘビーかもしれません。

コーヒー好きなら一度はお試しを!

サントリープ レミアムボス ブラック

これまた、タリーズのバリスタブラック同様に個人的には大好きな一品!

美味しいです!口の中に残るコーヒー感がまた良い感じです。

しっかりとしたコクと程よい苦みが深みのある味をかもしだしてますね。

味は濃いめで香りもよいです。酸味は控えめかな。

わたくし濃いめ好きなんだなと改めて思いました。

まあ、これまたよくできた商品だと思う飲みごたえのある商品です。

アサヒ飲料 ワンダ 極 完熟深煎りブラック

この濃さ、このコク、この深み。

うまい!

でも、なかなかコンビニで売ってない。

味がマニアックすぎるのだろうか・・・

私はこういう味が大好きです。濃いのにうまい。

フルボディと同じで好みは大きく分かれるかもしれませんね。

濃すぎて砂糖が入ると丁度良いのかコンビニでは極の微糖はよく見かけます。

コーヒー好きなら極、ブラックぜひ飲んでみてください!

 

サントリー BOSS コーヒーファーム ブラック【ローソン限定】

ローソン限定のこちらのコーヒーファーム他の深煎りに比べるとそれほど

深みのある感じではないが、程よい酸味とコクも感じられしっかりとしています。

軽すぎず、ヘビーすぎずなので、ボスブラックでは物足りないけどフルボディや極では濃すぎる。

って人にはちょうどよい商品ではないでしょうか。

うちの妻はこのコーヒーファームがおいしい!と言っております。

 

 

【東海・北陸・関西限定】サントリー コーヒー セブンズボス ブラック

こちらは、私今回初めて買って飲んでみました。

セブンイレブン限定販売の「セブンズボス ブラック」は、コーヒー豆の粉砕から抽出までを7時間以内で行なう工程で作り上げた本格的なブラックコーヒーというのが売り。

コクと飲みやすさを両立させたと表記があるがどちらかといえば飲みやすさ重視に感じるさらっとした飲み口。

香りはそれほど立つわけではないが、ごくごく飲みたいときにはICEでぐびぐび飲めてコーヒー感も味わえる一品です。

東海、北陸、関西限定なのでそれ以外の地域の方は是非お試ししてはいかがでしょうか。

 

ジョージア ディープブラック

こちらの商品は今回初めて飲みました。

「クリアなコク」と缶にはりきって書いてありますが、

まさにそんな感じです。クリアなコクを感じます。

UCCブラック無糖やBOSSブラックよりちょっと苦みとコクを感じるのに

クリアな感じがするのでするっと飲めます。

これもまた美味しい!おすすめです!

個人的には、UCCブラックと王者BOSSブラックよりおすすめ!

ぜひお試しを!

 

UCC ブラック無糖

1994年に販売を開始した「UCC BLACK無糖」

長く愛されるのには訳がある!

多くと人に受け入れやすいすっきりした味わいなのにコーヒーのシッカリしたコクも感じられる

香料も使わない水とコーヒーだけの正統派。

まさに手軽に飲める美味しさです。

サントリー ボス 無糖ブラック

言わずと知れた、ブラック缶コーヒー!

ブラックタイプの缶コーヒー市場でNo.1の地位を獲得している王者です。

クセの少ないすっきりとした味わいが多くの人に人気なのでしょう。

個人的にはもう少しガツンと来た方が好きではありますが、自動販売機でもコンビニでも手軽に姿を見かけるのでつい手にしてしまうことも。

あと、会社などで誰かにコーヒー買ってきてと頼むと大概この缶コーヒーが入っています。

万人受けする味なので誰にでもおすすめです。

 

美味しい缶コーヒーまとめ

一度に様々な缶コーヒーを飲むからこそ違いが分かる事が多くありびっくり!

普段飲んでる缶コーヒーの味の細かさが伝わってきます。

そして、コーヒーも人により好みは様々

私の場合深煎りの濃いコーヒーに好みが偏ってしまいますが、

酸味の強いものが好きな人

さらっとした薄いものが好きな人

しっかりしたコクのあるのが好きな人

といろいろあると思うので味の感想を参考にご自身のすきなコーヒーを見つけてもらえたら幸いです。

いろんな缶コーヒーがたくさん出ていますが、日本の缶コーヒーよくできていて美味しいものが多いです。

素敵な缶コーヒーライフをお楽しみください。

では、今日はこのへんで。

兄さん
アディオス!アミーゴ!

 

The following two tabs change content below.
アバター
神戸のカフェで兄さんしております。ホールには出たり出なかったり。10年のカフェ人生の中ウェイターから売上と人事管理、パーティー、ウェディング、企画、総務そして雑務まで多くを経験してきました。楽しく生きる!をテーマに毎日を面白おかしく過ごしてます ⇒詳しいプロフィールはこちら

広告

広告

-コーヒー
-

Copyright© カフェ兄さんトモヤ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。