土居珈琲

コーヒー

カフェスタッフが教えるおいしいコーヒーの淹れ方 種類はペーパードリップ!

更新日:

rawpixel / Pixabay

至高の一杯のコーヒーを作るためにお湯を注ぐ時がやってきた。

心して、注ぐがいい。

恐れずに、そして勇敢に!

幸運を祈る。

どーーーーーもーーーーー!

カフェ兄さんトモヤです。

おいしいコーヒー毎日飲んでますか。最近ではドリップバックコーヒーという手軽に美味しいコーヒーが飲めるようになりましたが、自分でひと手間かけて飲むコーヒーはやっぱり最高です。

コーヒーには様々な抽出方法がありますが、今日はもっとも手軽で一般的なペーパードリップでの抽出方法で淹れ方をお伝えしましょう。

準備

では、まずはコーヒーを淹れるために必要な道具から。

ペーパードリップはその道具も安価で簡単に揃えられるものばかりだ。

下記の道具をそろえよう。

アイテムをそろえる

もちろん、コーヒーカップもね。

そしてポットは絵のように先の細いものを用意しよう。喫茶店のマスターが使ってるようなやつ。

ペーパーフィルターの準備

・まずはドリッパーにペーパーフィルターをセットする。サイズは必ずドリッパーに合った大きさのものを用意しよう。(杯数によりサイズが違います)

コーヒー豆の分量

・セットが完了したらコーヒー豆を計り入れます。

コーヒー豆の大体の目安(豆の分量はお好みで変えてもOK)
1杯分 2杯分 3杯分 4杯分
10~12g 18~22g 25~30g 35~40g

・中挽きの粉をメジャースプーンで杯数分の分量を量り入れる。(ペーパードリップに合う挽き方)

・粉は水平になるよう軽くゆすって平らにします。

淹れる

お湯の注ぎ方

・まずは1回目は蒸らしが必要。中心から「の」の字を書くようにゆっくりと一巡させ20秒待つ。

・もう一度「の」の字を書くようにゆっくりと中心から外側へ注ぐ。すると表面がだんだん膨らんできます。

30秒ほど待ち膨らみが落ち着いて平らになるのを待つ。

・中心の粉がくぼんだら三回目のお湯をそそぎます。

・お湯は中心に真っすぐに入れます。

・水面が上から1/3程度減ったら次のお湯を注ぐようにするとわかりやすい。

 

・サーバーのメモリまでお湯が入ったら出来上がり!

兄さん
ドリップにお湯が残っていても終わりだよ!

どーーーだーーーー!

これでおいしいコーヒーが淹れれたはずだ!

コーヒーは様々な要因で味が変わります。基本の淹れ方をもとに自分なりのおいしいコーヒーの淹れ方を見つけてください。

個人的には淹れ方も絶対にこれ!というのはないと思っています。基本的な淹れ方の味を覚えたら本人が美味しいと思った味がその人にとって一番おいしいコーヒーだと思います。

食べ物も私がまずいと思ったものを超絶にうまいと言って食べる人もいます。味覚はそれぞれなので。

ただ、正しい淹れ方、一般的においしいとされる味を知らずしてあーだ、こーだと言うのもどうかと思いますので一度は試してみてくださいね。

味や風味の違いを感じていただけるのではないかと思います。

次回はそのほかの様々な抽出方法をお伝えしていければと思います。

ありがとうございました。

兄さん
アディオス!アミーゴ!

 

The following two tabs change content below.
アバター
神戸のカフェで兄さんしております。ホールには出たり出なかったり。10年のカフェ人生の中ウェイターから売上と人事管理、パーティー、ウェディング、企画、総務そして雑務まで多くを経験してきました。楽しく生きる!をテーマに毎日を面白おかしく過ごしてます ⇒詳しいプロフィールはこちら

広告

広告

-コーヒー
-

Copyright© カフェ兄さんトモヤ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。