土居珈琲

コーヒー

エスプレッソコーヒーの飲み方、嗜み方

更新日:

エスプレッソコーヒー。それは大人の嗜み・・・

そして、うちのカフェではあまり出ない・・・

にげーよ!ちいせいーよ!ってイメージなんでしょうか。

おいしいのに。

名前こそよく聞くようになったため、コーヒーであることは知っているとは思うがなにせまだ日本ではあまりなじみがないのだ。

うちにくるお客さんでもエスプレッソを知らないお客様がけっこういる。

出てきてから「ちっちゃ」って言う人やカップル同士で顔を見合わせて苦笑いたりと反応も様々だ。

そんな日本ではなじみはあまりないがおいしいコーヒー「エスプレッソコーヒー」の飲み方、嗜み方をご紹介しよう。

エスプレッソとは

エスプレッソとはイタリアで生まれたコーヒーでイタリアやフランスではもっともポピュラーなコーヒーなのだ。コーヒーといえば普通エスプレッソのことを指すほど。極細挽きにしたエスプレッソの豆をエスプレッソマシンで蒸気を発生させ気圧をかけて短時間で抽出。コーヒーのエキスともよばれるその抽出されたものがエスプレッソコーヒーなのだ!うちの店ではだいたい25秒抽出の25cc なり。

これがうちの店で使ってるエスプレッソマシン。

 

 

カッコいいっしょ。でも200万円近くするお。ってちょっとした車かえんじゃねーか!

かっこえーマシンでコーヒーも作られていると思ったらおいしくなるっしょ。

「マルゾッコ」ってメーカー。

 

 

 

 

そんでこっちが我が家で使っているエスプレッソマシン。

 

 

かわいいっしょ!こっちは3万円しないくらい。業務用にくらべたらすごい差だ。

でも家にあったらオサレ感増して、家でエスプレッソも飲めてラテアートの練習もできるお!

我が家では重宝しております。

 

 

 

20秒ほどの短時間で抽出するので雑味を出すことなくうまみを引き出しコクののある味わいを堪能できます。いやいや、むっちゃ濃いし苦いよってイメージが強いかもしれませんが、おいしいエスプレッソはコクと苦味、酸味のバランスが取れていて旨味が多のだよ。もちろん他の珈琲同様にリラックス効果もあるしね!

それとエスプレッソは豆の挽き方が一番細かいため、酸化スピードが早く、湿度と気温の影響も大きい言われています。酸化スピードが速いということは味が変化しやすいということ。よって作り手によっても味の変化しやすいデリケートなコーヒーといえるでしょう。

それと、コーヒーの抽出時間が短いのでカフェインが溶け出しにくくドリップコーヒーよりも量が少ないといわれています。

エスプレッソコーヒーの飲み方

コーヒーはやっぱブラックだぜ!といってエスプレッソをストレートでぐいぐい飲んでる方が日本人には多いようです。

個人的には自分がおいしいと思った飲み方で飲むのが一番だと思います。むしろ何事もこれはこうだど決めつけたものの見方や考え方の方がおいしくいただけないと思ってしまうタイプなので・・・

がしかしだ、それは本来飲むべきスタイルを知っておいてからにしてほしい。自分のオリジナルは元のオリジナルを知って作り上げていこう!より楽しみが広がるのと知識が広がるからね。

というわけで、イタリアやフランスで一般的と言われている飲み方をご紹介しましょう。

①コーヒースプーンに山盛り1杯の砂糖をのせ心静かにエスプレッソの中に入れよ。やさしくだ。好みで3杯くらい入れる人もいるようなのでいろいろ試して好みを見つけてちょ。

②次はかき混ぜだ。スプーンをエスプレッソカップに入れ静かに軽くかき混ぜる。ここで、よく混ざるようにと豪快にかき混ぜないことだ。

カップに抽出されたエスプレッソは層になっていて一番上に「クレマ」と呼ばれるゴールデン・ブラウン色のクリームのような泡があるのだがこれを壊さないようにするため。このクレマはコーヒー豆の中にある二酸化炭素が抽出した時に出来たものでエスプレッソの独特の香りを閉じ込めるのと深い味わいがあるのだ

。要するにおいしさを閉じ込めているものをこわすんじゃねーよ!ってことなのだよ。※よいクレマは砂糖を乗せたらじんわりと沈んでいくのが良いクレマと言われています。

③さあ、のむぞ。が、しかーし!ドリップコーヒーのようにちんたら飲んではいけないのだ。二、三口でさっと飲んでしまうのだ。それがエスプレッソの嗜み。時間のたったエスプレッソを飲むと、冷めるばかりか香りが飛んでしまい残念な結果の味となってしまうのだ。

そして最後は飲み干した後に残った砂糖を、スプーンですくって食べるのだ。砂糖の甘みに絡んだエスプレッソ道徳の苦みと酸味加わり、まるで大人のスイーツを堪能してるような気分になるだろう。

まとめ

さ、いかがだっただろうか。知ってる人も知らない人もたのしめただろうか。

家庭でもお店でも楽しめるエスプレッソ。味の変化もしやすいのが特徴なのでバリスタによってうまいまずいもいろいろ出てくると思うからおいしいお店を探してみるのも楽しみの一つになると思うよ。うちのお店はスタッフがコーヒーのメーカーに行ってコーヒー研修をしているのですがそれでもやっぱり作り手によって味は変わっています。

エスプレッソは作り手によって味の違いが出やすく、砂糖を入れたら軽くかき混ぜて、数口で一気に飲む。

これでエスプレッソの楽しみ方が広がっていただけたら最高です。

兄さん
ではまたお会いしましょう!アディオス!

 

 

The following two tabs change content below.
アバター
神戸のカフェで兄さんしております。ホールには出たり出なかったり。10年のカフェ人生の中ウェイターから売上と人事管理、パーティー、ウェディング、企画、総務そして雑務まで多くを経験してきました。楽しく生きる!をテーマに毎日を面白おかしく過ごしてます ⇒詳しいプロフィールはこちら
アバター

最新記事 by カフェ兄さんトモヤ (全て見る)

広告

広告

-コーヒー
-

Copyright© カフェ兄さんトモヤ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。